白髪まじりのオジさんが20代の若い女の子たちとアパホテルにも泊まれる様になる夢のような方法↓↓↓↓↓
平塚式 出会い自動量産システム
白髪まじりのオジさんが、1ヶ月もかからずに作ったシンプルな仕掛けで、20代の若い女の子たちと2日に1回自動でベッドインの約束をしてしまう...そんな夢のような方法に興味ありませんか?
普通の、初老のオジさん「2日に1回、20代の女の子たちと寝ている」


アパホテル、オススメの宿泊プランは36時間プラン【巣鴨(東京 豊島区)】

 
アパホテルには36時間プランというすごいプランがあります。 
初めて見た時は一体どういうこと?って驚きました。
 
何度か彼女と利用したことがありますが、とてもよかったです。 
  
こんなにゆったりと過ごす日があってもいいんですね。 
すっごい充電できます。
 

【PR】割り切った関係を望む人妻と出会いを量産しデートする方法

アパホテル、オススメの宿泊プランは36時間プラン【巣鴨(東京 豊島区)】

朝8時から翌日20時までいられる

アパホテルの36時間プランは、無駄に早すぎますが8時からチェックインできます。 
     
そして、チェックアウトは次の日の20時です。 
  
8時にチェックインする人はいるのだろうか?
 
 
僕は巣鴨のアパホテルでこのプランを利用しました。 
 
    
 
1万円くらいだったと思います。 
 
アパホテルに泊まる時は3時間のチェックアウト延長をします。
3000円かかります。 
 
 
確か宿泊代金にプラス3000円だと9000円くらいになったんだと思います。 
 
だったら、36時間プランとそんなに変わらないので、それを選びました。 
 
結果、とても楽しかったです。
  

36時間プランの流れ

 
チェックインは8時からできますが、さすがに8時には行ってません。 
早すぎます。
 
始発で行く勢いです。 
 
満員電車には乗りたくありません。
その前に起きれません。 
 
 
チェックインはいつも通り15時だったと思います。 
そんなに焦ってもしょうがないです。 
 
 
彼女に会ったら買い出しをして、ホテルで乾杯しておつまみを食べながら飲みました。 
 
夕食の時間帯には巣鴨の居酒屋に行きました。 
 
アパホテルから歩いて3分くらいのところに安い居酒屋が固まっています。 
 
カクヤスもあるので、帰りにお酒を買うこともできます。 
 
 
あそこは昼間からおじさん・おばさんが盛り上がっていて、楽しい雰囲気です。  
 
 
夕食を食べたらカクヤスで買い出しをして、ホテルに戻って、飲み直します。 
 
ノートパソコンを開いて、アマゾンプライムビデオやネットフリックスを見ました。 
 
グータンヌーボヌーボがお気に入りです。
 
 
巣鴨のアパホテルには大浴場がありますが行ってません。
部屋のユニットバスでシャワーを浴びました。 
 
 
夜は気づいたら寝ていました。
 
チェックアウトが20時なので、目覚ましをかけずに気の済むまで寝ていました。 
 
起きたのは12時くらいだったと思います。
 
 
起きたらゆっくりシャワーを浴びました。 
 
そのあとは、お昼ごはんです。 
もう食べて飲んで寝ているだけです。
 
 
巣鴨はケンタッキーがあるので、そこで買うことが多いです。 
 
オリジナルチキンを3本ずつ頼みます。 
 
この頼み方だと意外と安いんですよね。
 
ドリンクやサイドメニューをつけると高くなります。 
 
ジュースは元々飲みません。 
部屋に水やお酒があるのでいりません。 
 
ケンタッキーではチキンが食べたいのでサイドメニューはいりません。 
 
いつもとは違うパーティー的な昼食でした。 
   
とても楽しくいただきました。 
  
 
巣鴨っぽい甘いものを買ったこともあります。 
 

 
こちらもおいしかったです。
 
 
そのあとはもうダラダラしていました。 
 
昼寝したり、またアマゾンプライムビデオやネットフリックスを見て過ごしました。 
 
でも、あっという間に時間は過ぎていきましたね。 
 
 
こんなにダラダラしていいのかってくらいにダラダラできる時間でした。 
 
すごい充電されました。 
   
こんなプランがあるってことは充電したい人が多いのだろうか?
 

無駄遣いだけどもう1泊したこともある

チェックアウトが20時で夜なので、もう帰るのが面倒になる時もあります。 
  
なぜかもう1泊したこともあります。 
  
それだったら初めから2泊にした方がお得なんですが、気持ちは変わるのでしょうがないです。 
 
 
他のホテルに移動したこともあります。 
  
それも初めから2泊にした方が安いですが、その日のことはその日にならないと分からないのでしょうがないです。 
  

36時間プランは意外とある

36時間プランで検索をしてみると、アパホテル以外のホテルのプランも見つかります。 
   
ホテル内にレストランやバー・ラウンジ・プールやジムなどがあるホテルは36時間プランだといろいろと楽しめて良さそうです。 
   
   
アパホテルは下にレストランがある場合もありますが、そこに行く気にもなれません。 
  
あまりやることがないので部屋でダラダラするのがいいと思います。 
  

最後に。

アパホテルの公式サイトで36時間プランは見つけました。 
  
いろいろとスクロールしてプランを見てみると思いがけないプランが見つかるかもしれません。 
 
こんなにゆっくりと過ごせる時もないので、新鮮でした。 
 
 
休みの日は思いっきり自分を甘やかして食べたいものを食べ、飲みたいものを飲み、寝たい時に寝るのもいいですね。 
 
それをしたらした分だけ普段の仕事にも勢いが出ることを実感しています。 
 
人生、メリハリが大事です。 
 
また36時間プランで泊まってみたいです。

タイトルとURLをコピーしました